お宮参り・七五三写真 鎮守の森の写真館
お宮参り写真七五三神社あんない綾瀬川の花鳥風月鎮守の森の写真館ブログ風顛末記

 
スペース七五三と千歳飴
千歳飴と七五三

千歳飴は、いつごろから七五三に用いられるようになったのでしょう。
千歳飴は、浅草・浅草寺から江戸時代に発祥したといわれています。
江戸時代に、紅白に染め抜いた棒状の飴を浅草寺で「千年」と名付けて売り出し評判となりました。
七五三祝いの飴の袋に「千歳飴」と書かれているのは、この紅白の棒状の飴「千年飴」に由来するといわれています。
「千年・千歳」は、長寿や、めでたさを連想させ、現代と違って甘い物が、たいへんに貴重な江戸時代のスィーツでした。
子供にも、大人にも、飴は何よりも嬉しい贈りものだったそうです。
千歳飴は「親が子供に長寿の願い」を掛詞に用いた、江戸時代の粋を感じます。
粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白の小粋な飴です。
昔は、今のように子供の生存率が高くなく「無事に育って長生きをして欲しい」といった願いが強かったのかもしれません。
実は、千歳飴は、直径15mm位、長さ1m以内と決められているのには、オドロキです。
そして、めでたいとされる「鶴や亀」「松竹梅」などの絵柄の袋に入れられ、長寿と健康を願う縁起物となりました。

子どもたちが、千歳飴の袋を手に持つ姿は、ほのぼのとして、みるものの心をホットさせてくれます。
手作り千歳飴袋

千歳飴は縁起物
袋には縁起のいいデザインが施され、鶴亀(つるかめ)や松竹梅と寿の文字は長生きをあらわします。
松竹梅は「冬でも緑を保つ松や竹、冬を耐えて真っ先に花を咲かせる梅」という意味があり、健康や力強さを示します。
そして、寿は「めでたい」をあらわす文字で、お祝い事のエンブレムとも言えるのではないでしょうか。
このように、さまざまな思いが込められている千歳飴です。
ぜひ、食べる前に親から子どもたちへ
千歳飴のことを話してみましょう。

千歳飴袋手作り

手作りの千歳飴袋を手にした子どもたち
オリジナリティを感じさせる七五三もいいものだ。。。

子どもたちも、たいへん気にいっているようです。

鎮守の森の写真館 顛末記TOP

コピー